管理固定資産税の無駄を無くす|不動産を任意売却することが増えてきています

不動産を任意売却することが増えてきています

一軒家

管理固定資産税の無駄を無くす

説明

空き家など不動産には、収益を得る方法として大きく二つの方法があります。 その一つが売却する事で比較的多くの資金を獲得する事です。空き家などを管理せずに手放す事で固定資産税等の維持管理費を以後支払わなくてもよくなるのもメリットの一つでしょう。 もう一つは、売却せずに賃貸物件として管理・活用し、定期的に利用料として収入を得る方法です。この場合は固定資産税等の維持管理費が必要となります。 どちらを選択するかは、その不動産の持つ特質によって異なるが利用価値のあるものは、売却せずに賃貸に活用する方が得策だと考えて良いでしょう。不動産による定期的安定収入が得られるだけでなく、利用価値の高いものは何れ、不動産価値も上がり 含み益と言う恩恵も受けられるからです。 これからの時代は利用価値を高める工夫が必要でしょう。

相続等により小さく分割された空き家などの不動産は、その利用価値の縮小から、最悪の場合、単なる負債になってしまう事もあり得ます。 最近、廃屋同然の空き家が目立ち始めているが、その中には、売却しようにも買い手がつかず、そのままになっている物もあるでしょう。建物を壊して更地にすれば利用価値が増すが、固定資産税等が上がる為出費を抑えるために管理せず放置のままになっていることが多いのです。。 今の時代は、相続するときには、後の利用価値を含めて資産価値を損なわないような工夫が必要です。 もともとの小規模宅地となると更に難しくなります。周囲の土地価格が上昇し、それによって小規模と言えども税制改革で相続税の対象になってしまう事もあり得るのです。この様な場合は、周囲と管理し共同事業を考えるか、売却するより選択肢が無いかもしれないですね。